一覧

お知らせ

葬式の弔電は定型文に追加をする

葬式に参列できないときには故人の家族に弔電を送ります。電話で申し込んで葬儀会場に届けてもらいます。最近は電報に花をつけて送るサービスも行われています。しかしながらこの花には生花の様に名札がついていないので、忙しい葬儀会場で電報と花が別々になってしまうと二度と誰から送られた花かは解らなくなってしまいます。電報の台紙を選ぶことができます。ワンランク上の台紙で送っても電文が定型文では遺族の心には残りません。折角台紙を良くするのであれば、電文についても定型文に加えて送り主の哀悼の気持ちを自分の言葉で追加すると遺族の印象が異なります。葬儀屋の方が弔電披露の際に読み上げてもらえる可能性も高くなります。参列できなくても参列したような効果が期待できます。

お葬式の香典マナーについて

香典はお線香やお花の代わりに死者の霊前にお供えするものです。通夜、葬式、告別式のいずれかに持参します。香典の表書きや不祝儀袋は、宗教によって様々な種類や決まりがあります。故人・喪主の宗教に合わせるのがマナーですが、急な御不幸などで先方の宗教が分からない時には「ご霊前」と書いてあれば、どの宗教でも用いることが出来ます。やむをえず通夜・葬儀に参列出来ずに香典を郵送する場合には、現金を香典袋に入れて表書きを通常の不祝儀袋と同じように書きます。そのまま現金書留の封筒に入れて送りますが、この際一緒にお悔やみの手紙を添えるのがマナーです。また伺えない分、なるべく早めに送り、お悔やみの気持ちをきちんと示すことが大切です。